人の命を守るAEDを導入したい│設置場所にこだわる

レディ

救急車が来るまでに

男の人

命を助ける

従業員やお客が心臓発作を起こして心停止した時に役に立つのがAEDです。電気ショックを与えて再び心臓を動かすことができるので、命を助けることができます。心停止して時間がたつと体中に血液がゆきわたらなくなるので、わずか数分の間でも細胞が壊死してします。そうすると救急車が到着して蘇生措置を行っても命が助からなかったり重い後遺症が残りますが、救急車が到着するまでにAEDを施せばそういった事態を避けられます。AEDを施すと共に心肺蘇生措置を行えばさらに蘇生率は高まります。しかし人工呼吸や心臓マッサージはどうやってすれば良いかわからないという人も少なくありません。しかしAEDは使い方が簡単で、操作手順も音声ガイドに従って行えば良いので誰でも使うことができます。簡単に使用でき命を守ってくれるのがAEDです。AEDは購入する他にレンタルやリースを利用することもできます。レンタルは月々使用料を支払えば借りられるので、導入しやすいというメリットがあります。またスポーツ大会や大勢の人が集まるイベントを開く時に、短期間だけリースするという方法もあります。AEDを導入した後に大切なのは必要な管理を行うことと、誰にでもわかる場所に設置しておくことです。AEDにはバッテリーや電極パットなどの消耗品がついているので、使用期限が切れたらすぐに交換しなくてはいけません。また急病人が出た時にすぐに使用できる場所に置いておかないと命を守ることができなくなります。導入するだけではなくすぐに使える状態にしておくことが大切です。

スーツ姿の人達

メンテナンスの重要性

来客や社員が心室細動など急な心臓発作を起こした際に、AEDと呼ばれる自動体外式除細動器が備えてあれば安心です。企業イメージにもプラスになるAEDを常備して長期的に利用するためには、定期的なメンテナンスも欠かせません。バッテリーや電極パッドなどの消耗品は、使用後や一定期間ごとに交換が必要になります。

婦人

設置費用を軽減

AEDの設置は、今注目を集めています。どうしても高額な機械であるために設置費用が多額にかかるのです。コストとしてウェイトを占めることになりますので、自治体の支援や補助金などを上手に活用することがポイントになります。

ハート

どの商品を選ぶべきか

企業への導入が進められているAEDですが、設置期間についても考えていきましょう。レンタルする事も出来るので、短期間だけの設置なら購入ではなく借りるのが一番です。また、設置場所についても考えます。