人の命を守るAEDを導入したい│設置場所にこだわる

男女
  1. ホーム
  2. 設置費用を軽減

設置費用を軽減

婦人

補助金を上手に利用する

今、AEDが注目されています。AEDは救急車でも間に合わない心停止の応急処置を行うための機械になります。これを適正な間隔で設置しておくことで、いつどこで心停止が発生しても応急処置を適切に行う事ができるようになり、助かる命を拡大することができるのです。しかしAEDは高額な機械である上に、メンテナンスや保守の費用も掛かります。AEDを購入しようとすると莫大なコストを準備しなければならないのです。これを緩和する方法として自治体の補助金を利用する方法があります。自治体では、AED設置に対する補助金を出していることが多いのです。補助割合は50パーセント程度であることが多く、これ以上の補助金を準備してくれる自治体もあります。公共機関などに設置する場合には、さらに補助金が高くなるなどの特徴もあります。購入ではなくレンタルを使用する場合もあります。短期間のイベント等で使用する場合ですが、これも自治体からの補助システムが存在します。無料レンタル期間などを設けている場合があるのです。上限額が決まっているので、無数台数に対して上限なしに保証されることはありませんが、設置に対する費用を節約することができる点では大きなメリットになっています。設置をしたいと考えている場合、費用やコスト面をどうしても考慮することになりますが、自治体支援を上手に活用して設置費用を節約することも方法となります。検討する価値がある内容となっています。