人の命を守るAEDを導入したい│設置場所にこだわる

男女
  1. ホーム
  2. どの商品を選ぶべきか

どの商品を選ぶべきか

ハート

AEDの導入の重要性が認知されるようになり、多くの企業や団体が利用しています。しかし実際にAEDを導入するとなると様々な種類のものがあり、どれを選ぶべきか迷ってしまいます。一体どれを選べば良いのでしょうか。まず最初に確認すべきことはAEDを設置する期間についてです。AEDには大きく分けて2つの料金体系があり、それが購入とレンタルです。長期的にAEDを設置する場合には購入の方が安くなる傾向があり、工事現場などのように一時的に設置する場合にはレンタルの方が安くなる傾向があります。まずは設置期間を明確にし、購入するのかレンタルにするのかを決めると良いでしょう。次に設置場所についてです。AEDはどれも同じように見えますが、実は機能は機器によって大きく異なります。例えば、必要最低限の機能だけが装備されているものもあれば、成人用と子ども用とで電流の強さを変更できるもの、音声で使用方法を解説してくれるものなど多様です。そのため設置場所に応じて、その場所の特徴に適したAEDを選ぶ必要があります。もし仮に保育園など子どもが多い場所で成人用の電流しか設定できないAEDが設置されていた場合は、子どもに対して使うことが出来ず役に立たないということにもなりかねません。最後にサポート体制についてです。消耗品交換や講習会、故障してしまった場合の対応などは業者によって大きく異なります。AEDは本体だけでなく、その周辺のサポートも重要になるのでしっかりと確認するようにしましょう。